Break

主に社会的ひきこもりのための自助会(奈良・大阪)

学校に行くぐらいなら、死んでしまいたいと思っているあなたへ

今月の行事予定 9月30(日) 第一回だべるだけ

f:id:degarashitan:20180912211327j:plain

もしかすると、もう学校に行きたくない、行くぐらいなら死んでしまいたいと思っている人が、たまたまここを見ているかもしれません。

学校なんて

理由はどうあれ、学校なんてそこまで思い詰めて行くようなところじゃないんで。
どうぞ、バックレてください。
正直なところ、そこはもうずっと前から、あなたの居場所ではなくなってるんじゃないですか。
いまさら行ったところで、なんの意味があるでしょう。

死んでしまうよりも、声を大にして、しかるべき大人に助けを求めて、居心地のよい居場所を見つける。
あなたが羽ばたける居場所を見つける。
そうして欲しいです。

あなたがいなくなった世界で

ここから先は、あなたが、酷い酷い酷いいじめにあっているという前提です。

あなたがいなくなった世界の話をしましょう。

学校は児童・生徒の自殺の原因がいじめであったとしても、なかなか認めたがりません。
たとえ、あなたが遺書やそれに似たたぐいのものを書いてあの世へ旅立ったとしても。

どういうわけか、ある種の力が働いてスクールカーストによるいじめがおこってしまうように、ある種の力が働いて先生方は責任逃れに走ろうとしがちです。

ようやく事実を認めたさいには、あなたが通う学校や地元の教育委員会が再発防止を、あなたの家族や社会に向けて誓いますが、その想いが他の学校に共有されることはなかなかありません。
現に、ここ20年以上、同じことが繰り返されています。

最悪、あなたが命と引き換えに、名指しでいじめたやつを告発しても、なんだか分からないけど亡くなりましたというふうに、うやむやにされて、そのうち忘れ去られる可能性だってあります。
そんなもんなんです。

いじめたやつが、あなたと同じぐらいの年頃の少年だとしたら。
たとえ、逮捕されて激しい社会的制裁を受けることになったとしても、おそらく彼らは結局のところ正しく生きるための再教育を受けることになります。
それは死にたいほどの後悔を伴うことかもしれませんが、チャンスを与えられ、生きながらえるんです。

あなたの無念な気持ちは、一体どうなるのでしょう。

いや、あなたは死を決意するぐらいですから、こんなことは百も承知でしょう。
すでに、無念であるけれども、諦めるしかないと全てを受け入れてしまったのかもしれません。

でも、そこは、お願いですから踏みとどまって欲しいのです。

呪い殺せるのか

私の気持ちは伝わるはずだという淡い願いが甘いことだと、あなたは身をもって知っていますよね。

ここまで来てしまったということは、神や仏がいるとしても、知らんふりして助けてくれなかったということですよね。

それでも、あなたはひょっとすると、死ぬことで一つの希望を見出しているかもしれません。
それは人に言うとちょっと恥ずかしいこと。
昔から人々が願ってきたことであり、恐れてきたこと。

呪いです。

あなた自身があの世で特殊な能力をつけて、やつらを呪い殺すなんてことは可能でしょうか?
残念ながら可能性は低いようです。

世界を見渡すと、現状に不満のある人々を扇動し、うまくいかない原因はやつらのせいだと特定の人々にレッテルをはり、その人たちの命や財産や愛する人を容赦なく奪うことで、理想の社会を作ろうとする政治指導者がいます。
かつてもいました。
彼らのうち、いったい何人が呪い殺されたでしょう。
おそらくゼロです。
恨みつらみを抱いて殺された1万人が束になってかかっても、たった一人の命も奪えない…。

僕は、不思議な力があることを信じたいのですが、呪いはあるとしても強い相手には通用しないのかもしれません。

あなたは現世で歯が立たなかったやつらに、あの世でぎゃふんといわせることが出来ると思いますか。

生まれ変われるとしたら

気持ちの優しいあなたは、人を呪い殺すよりも、自分が生まれ変われさえすればよいと考えているかもしれませんね。

果たして、生まれ変わりが本当にあるのかどうか。
ここはあると考えましょう。

そういうスピリチュアルなことに詳しい人、研究している人、例えば日本では芸能人の美輪明宏さんや、霊能力者の江原啓之(ひろゆき)さんなんかが有名です。
かつて、二人をメインにした地上波の人気番組があったぐらいですから。

お二人によると、自殺したからといってなかなか楽になれないし、生まれ変わりもそううまくはいかないようです。
結局、後悔すると。
いろんな宗教で自殺をすすめないのは、よくないと倫理的なことで言っているのではなくて、損だからなんですって。

なんて残酷なことでしょう。
苦しみ抜いて死を選んだのに。
それでも報われないなんて。

その気持ちは異常じゃないが

あまりの苦しさに、死ぬ方がましと思うことが異常だとは全く思いません。
肉体でも精神でも、逃れようのない激しい痛み苦しみは、生きる活力を奪い去ります。

とはいえ、この状況は人為的なもの。

すっかり追い込まれて、他に選択肢がないとまんまと思わせられているんです。
あなたの本当の意思ではないはずです。

本当は、出来るものなら自分の力で這い上がりたい。
あるいは、いじめられていることを知られるのは恥だし、親に心配かけたくないけど、誰かに助けてほしいというような気持ちではないですか。

死ぬ一択でもなく、生きるか死ぬかの二者択一でもなく、いろんな生き方を選べたらいいですね。

元気になれたら何がしたいですか。
どうなりたいですか。

そんなこと、考える余裕さえ全くないときは、引きこもるという手があります。
周りの人の理解によって、安心して引きこもれる環境ができれば、いつの日か心が癒えるでしょう。

今が、この世で生まれ変われるチャンス

行かなくてもいいよと思っている大人はすごく多いと思います。
その人たちは、あなたがいま、言葉で言い尽くせないほどの絶望感と屈辱感の真っ只中にいるのだろう、かわいそうにと心を痛めています。
直接あなたをヘルプできずとも。

一方で、あなたの心に寄り添って、積極的にあなたを助けたいと行動する大人も少数ながらいます。
勇気を振り絞って助けを求めたら、その人たちとつながれるでしょう。

なかなか思うような人や組織に出会えないかもしれません。
失望させられることがあるかもしれません。
相性が合わないことがあるかもしれません。

でも、そこは腐らずにやってみてください。
追い込まれたあなたにとって、まさに今が、この世で生まれ変われるチャンスです。


ネット上には、あなたに無理解な酷い言葉が溢れているかもしれません。
そんなものはクズですから。
なんの役にも立たず、なんの価値もありません。
あなたを励ますために言ってるのではありません。
本当にそうですから。
真に受けることはありません。