Break

主に社会的ひきこもりのための自助会(奈良・大阪)

Breakについて

f:id:degarashitan:20180920203154j:plain

2018年秋にスタートする、主に社会的ひきこもりや経験者のための自助会です。
奈良県王寺町、及び大阪府柏原市を主な活動地域とします。

英語のBreak(ブレイク)には、休憩、中断、失敗、破壊、夜明け、変わり目、脱出、運命、チャンスといった意味があります。
ひきこもり状態でしんどいときに、頭に浮かびそうなことだと思って名づけました。

こういうかたの居場所です

一言でいえば、社会的ひきこもりや、社会とちょうどいい具合に接点をもつのが難しいと感じているかたのための居場所です。

当会では、家族以外の人とつながりが薄く喋り相手があまりおらず、半年以上日々がつまらないと感じている状態を、社会的ひきこもりと定義します。

お家から出るのが困難な、いわゆるガチひきこもりであるかどうか、軽重には重きを置いていません。
もしかすると、他のひきこもりの自助会よりやや対象が広いかもしれません。

例えば、ひきこもり状態から社会参加できるようになったが、とっても辛い。
ずっとなんとなく居場所がない。
進路に迷いあぐねて自室で幾年月。
鬱や学習障害などで、どうしても社会と接点をもてない。
会社や学校に行っているが、それだけ。
家事手伝いだけど、実はひきこもっている。
親の介護でいっぱいいっぱいで息つく暇がない。
こういったかたも対象です。

また、対人関係に不安を抱いているかたや、苦手意識があるかたにもご参加いただければと思っています。

なお、ご参加いただけるのは原則、20歳以上のご本人に限らせていただきます。

※同じような境遇の人同士の場だと、「○○のくせして、こんなことを言ったら…」と気になって、自分を押し殺したり、ふつうを装う必要が減るでしょう。
そいう場の力は、当事者以外のかた(例えば家族)が混じると削がれてしまいがちなので。
※お酒が入る場合があるため。

いろんな集まりがあります

ひきこもりで比較的多い悩みとはなんでしょう。
ニーズがありそうだけど、世の中に足りなさそうなことって?
そういうことを頭に、自分たちでやれそうなことを考えました。
何度かやってみて、うまくいかなかったらどんどん変えていきます。

①だべるだけ

ただただ雑談するだけの会です。
ストレスフルなひきこもりの日々、ホッと一息つきませんか。
バカ話でもまじめな話でも、なんでもOK。
人生に目的なんてないとしたら、私たちはたぶん雑談するために生きてるようなもんだと思います。
そんな場がない、相手がいないなんて寂し過ぎます。

日時:第4、または月末の日曜日 13:00~17:00
場所:王寺町地域交流センター
map:JR王寺駅直結、リーベル王寺 東館(西友の建物)の5F
参加費:200円
※一回あたり1,600~3,000円の部屋代がかかります。
手弁当なため、ご参加ごとにお一人さま200円を頂戴いたしますm(_ _)m
なお、参加者1名でも200円以上はいただきません。

②シャイ専用

雑談がちょっと苦手かもと感じてらっしゃるかたの場です。
雑談強者さんはご遠慮ください。
少人数、または少人数ごとに分かれておしゃべりを楽しめたらと思います。
世話人がはなしのきっかけを作ったり、若干の配慮をします。
ちなみに、赤い服を着てくる必要はありませんw

日時:月一回(検討中、10月スタート)
場所:フードコート
map:JR王寺駅直結、リーベル王寺 東館(西友の建物)のB1F
参加費:無料
※余裕があればマクドでコーラSでも注文してください。
みんなでビッグサイズのポテトを買ってわけわけするのもありです。

③ベテランの集い

40、50代のひきこもり、元ひきこもりのかたの場です。
昨今、ひきこもりの長期・高齢化が言われています。
しかし、これまでの行政のひきこもり支援対策は、原則40歳以上が対象外だったりします。
それってどうよ。
ただでさえ肩身が狭いのに。
せめて、同年代でつながりあいませんか。

日時:月一回(検討中、10月スタート)
場所:フードコート
map:JR王寺駅直結、リーベル王寺 東館(西友の建物)のB1F
参加費:無料
※余裕があればマクドでコーラSでも注文してください。
みんなでビッグサイズのポテトを買ってわけわけするのもありです。

④#ひきこもり図書館

ひきこもりにとって図書館と本屋と喫茶店は、三大居場所かもしれません。
でも、そこにいたからといって、利用者同士が仲良くなったり、声をかけあうなんてことはまずありません。
結局、孤独を味わうハメになります。
そこで、twitterで「#ひきこもり図書館」なんて投稿するとどうかと思いつきました。
ハンカチでも机の上に置いて、軽くココですとアピールしつつ。
無言でも、机を囲んだりすると楽しいかなと。

日時:不定期(10月スタート)
場所:どこかの図書館
参加費:無料

⑤スモールビジネスなんて考えてみるとか

雇われようとするからしんどいのかも。
実は、自営業のほうが向いてるかも。
ひきこもっていても、自分を喜ばせ、人を喜ばせるものって何でしょう。
どうしたら食べていけるのかをブレーンストーミング。
言ってみただけ、いきなり挫折、ぜんぜん構わないと思うんです。
商売のタネなんてしょせん思いつきだから。

日時:月一回(検討中、11月スタート)
場所:フードコート
map:JR王寺駅直結、リーベル王寺 東館(西友の建物)のB1F
参加費:無料
※余裕があればマクドでコーラSでも注文してください。
みんなでビッグサイズのポテトを買ってわけわけするのもありです。

わりと気楽な集まりです

いや、ほんまに。

  • ニックネームの参加でも構いません。
  • いつ来ても、いつ帰っても自由。
  • 今日は調子がいいし、天気もいいんで行ってみるかでOK。
  • 話したくないことは、無理に話さなくてもええやん。
  • 興味がない、聞いてたいだけのときはそうしてください。
  • 発言の機会が少ないかたには、世話人やよくいらっしゃるかたが話をふることがあります。
    必要ないようでしたら、その旨お伝えください。
  • LINEやメアドの交換は、当人同士の責任においてしてください。
    相手が教えたとしても、自分も教えなければならない義務はありません。
  • ジュースやお菓子はご自由に。
    ※会ではご用意しません。各自ご持参ください。
    ※一次会や二次会をフードコートでやるときは、フードコート内の店舗でなにか注文してください。出来ればで構いません。みんなでマクドのポテトを注文して分け分けするのもありです。(フードコート利用のルールのため)

参加者の安全確保と、場が荒れないようにと思い、規約を作りました。
そちらもご覧ください。

Breakは、お昼です!から生まれました

お昼です!チラシ

いきさつ

奈良のひきこもり経験者の自助会『お昼です!』は、「ひきこもりからの回復(社会復帰)をめざす人の集まり」として2013年に立ち上がりました。

でも、参加者の希望を取り入れていくうちに、次第に雑談のための居場所へと変わっていきました。
役立っているのだから、別にいっかという気もするのですが。
それでは運営者(設立者)のおもいが満たされないよね?
HPに書いてあることと実際が違っているし…という問題もあります。

そこで、当時、お昼です!のサポートメンバーの一人であった、Breakの世話人が中心となり会の在り方を再検討しました。

結果、お昼です!は、元のコンセプトを貫くものへとリニューアル。
別に、Breakを作ることになりました。

Breakは、雑談のための居場所を引き継ぎます。
加えて、独自に社会的ニーズを取り込みます(しれてますが)。

両者はけっこう違います。
でも、話の流れで、同じようなことを、同じように喋っていたりするかもしれません。

どっちがいいかは好みだし、どっちもダメかもしれません。
だいたい、そんなに大したことをしているわけではないので、期待しないでヒョッコリ来てもらえると嬉しいです。

ちがい

お昼です!
  1. 社会的ひきこもりからの回復(社会復帰)をめざす人の集まり。
  2. 現状維持の人のための居場所ではない。
  3. テーマトーク中心。
  4. 具体的ですぐに使える話や近況をはなす。
  5. 社会批判、社会批評よりも自分が行動することが第一。
  6. 回復したら、場を卒業するのが望ましい。
  7. 単数企画、月一回の開催。
  8. 参加費無料。おやつあり。
  9. 2013年5月設立。

発想:
似た者同士の、具体的で前向きな話や失敗談は、回復をめざす上でお互いに役立つに違いない。

運営者:
30代男。元不登校・元ひきこもりの自分の成功体験をベースに運営。

Break
  1. 社会的ひきこもりや、社会とちょうどいい具合に接点をもつのが難しいと感じている人の集まり。
  2. 気楽な居場所。
  3. 雑談中心。
  4. 面白いだけ、なんとなく言ってみただけ。そういうものこそ価値がある。
  5. 雑談に社会批判、社会批評はつきもの。自分を棚に上げてもOK。
  6. ひきこもるのは体質や環境かもしれない。会が存続する限り好きなときに利用してもらえれば。
  7. 複数企画、あわせて月数回かそれ以上の開催。
  8. 参加費一部有料。おやつは各自持参。
  9. 2018年9月設立。

発想:
ひきこもりは状態であって原因はさまざま。
違い過ぎて、ひとの話を聞いてもあまり役立たないだろう。
そもそも、回復をめざすというようなことではないかたもいる。
しかし、息抜きに話せる場があったり、気兼ねなく悩みや問題をはなせる相手がいれば、焦りや気分の落ち込みや孤独感は多少なりともいやされる。
そのことは精神衛生上とても重要だ。

世話人:
40代男。ひきこもっていたり、そうじゃなかったり。
回復より、ライフスタイルやオルタナティブというほうがピンとくる。

おなじ

当事者のみの、主におしゃべりをする集まり。
王寺町地域交流センターを利用する。
専門家がいて何か手助けする団体ではない。
任意団体で、どこかから補助金等をもらっていない。
掛け持ちは自由で、合わなければ他を訪ねてみることをすすめる。

ツイッターやってます

と、今どき、わざわざ書くほどのことかと思いつつw
なんかおもしろそう、役立ちそう、かわってるなー、そんなネタに出会ったらチョチョイアップしていきます。(Break - twitter)

でも、ひきこもりは状態であって理由はひとそれぞれ。
対象は多岐にわたるはずで、深くやればキリがない。
それに世話人のメガネは安物でくっきり色つき。
おまけにぼんやり不透明ときたもんだ。
実用性やいかに?!

世話人のこと

40代後半の男一名です。
軽い学習障害かボーダー上にいるようで、読み書きがちょっと苦手で回り道ばかりしています。
苦手なくせに、ここでコラムもtwitterもやっているのは成り行きでしかありません。

心理カウンセラーでも、専門家でもエライ人でもないので、どうしたらいいですか?ときかれても、「う~ん(;´・ω・)」と、頼りない返事しかできないと思います。
でも、へん顔プリーズ!とかいうんだったらなんぼでも。

ひきこもり同士であっても、困難さや生きづらさが違うためか失言が多々あります。
いわんや、女性となると想像が及ばなかったりします。

ごめんなさい。
わる気はありません、うかつなアホなだけです。
早くも謝っておきますw

参加するには?

直接いらしてください。

もし、ご不安であればお問い合わせください。

初回のみ、かんたんな規約にご署名いただきます。
※集まりの種類ごとではなく、いずれか一回目のという意味です。
※「#ひきこもり図書館」は除きます。性格上、規約を設けません。